突然の死に備える遺言書

現在の日本は時折異質な犯罪がニュースで取り立てられることこそありますが、大戦時などに比べれば非常に安心できる平和な世の中です。
ですが、だからといって誰もが人間の本来の寿命を全うできるかといえば、違います。
病気や交通事故などで、人間は簡単に命を落としてしまいます。
人間にとって“死”とは、常に背後についてまわっている親しい存在なのです。
それでも常に「自分はいつ死ぬか分からない!」という恐怖に苛まれながら生きましょうとは言いません。
ただ、いつ自分が死んでも良いように、遺言書を残したり、遺品整理を前もってしておいたり、生前葬などの行いをする人も珍しくはないということです。

自分が亡くなり一番困るのは、自分ではありません。
残された遺族たちです。
死に備えて何かをするということは、自分のためではなく遺族のためとも言えます。
例えば自分の死後に遺産で遺族がひどく揉めたとしましょう。
亡くなった自分も心配でおちおい成仏できないでしょう。
「あぁ、遺言書でも一筆書いておくべきだったなぁ」なんていう後悔を死んでから思ったとしても時すでに遅しです。
もし、死後も魂のような自分の意識があるとしたら、死後に余計なことを考えなくてすむように自分の死に備えておくということは、遺族のためであり、また結局は自分のためにもなることでしょう。

こちらのサイトでは自身の不幸に備えてしておきたいことのうち、遺言書について簡単に解説します。
遺言書とは死を前にしてようやく書くイメージが強いですが、若者でも書いている人もいます。
いつどうなるか分からないのが死ですから、遺言書を書くのに“早すぎる”ということはないのです。



○管理人推奨サイト
遺言書作成のメリットについて解説しています。いつ自分が死んでも良いように備えておきましょう →→→ 遺言書作成 メリット

Copyright © 2014 遺言書を用意しておきたい人とは All Rights Reserved.